みんな、どうシてる?「パートナーのセックステクを超上達させた猛者」第2回 Naotoさん

こんにちは、ラブライフカウンセラーのぽかべです!
「気軽に性の相談ができる」をモットーにセックスカウンセリングを行っています

そんな私が相談者さんによく聞かれる質問ナンバーワンは…
「ほかの皆さんはどうしてるのか、知りたい!」です。

 そこで始まったのが、この「みんな、どうシてる?」の連載です。

連載第一弾のインタビューテーマは、
「パートナーのセックステクニックを超上達させた人、話を聞かせて!」

前回は、うんのよしこさんにお話を伺いました。

第2回目となる今回は、スイーツクリエイターのNaotoさんにインタビューしました!

プロフィール

話を聞かせてもらった人:Naotoさん
埼玉県出身の今現在33歳。父親の影響を受け食の世界に。高校卒業後某有名レストランやホテル、紅茶専門店、製菓学校、ケータリング事業などを経て28歳で独立。今現在は、商品開発やプロデューサー、お菓子屋の顧問をしています。

 
取材した人:ぽかべ|ラブライフカウンセラー®
座右の銘は「性は身近なもの」の明るいセックスカウンセラー・ライター。
趣味は畑仕事、サーフィン、今治タオルで体を拭くこと。
Twitter

セックスはコミュニケーションという考え方が、シンプルだけど一番大事.

ぽかべ
Naotoさんのエピソードを教えてください!
Naoto
派手なエピソードはないですが、昔なんですが、消極的だったセフレがセックスの快感を知って性的に目覚めたことがあります。結果的に、相手に彼氏ができて、僕とはお別れしました(笑)
ぽかべ
巣立ちを見送っててワロタ(笑)
Naoto
その女性と知り合った当初は、「私には性欲がないかも」と言っていたんです。もとから性欲がないの?と聞いてみたら、「面倒くさい」「気持ち良さが分からない」と。じゃあ、気持ち良くしてあげるから一緒にしてみない?と誘ったのが最初でした。
ぽかべ
へぇ〜、セックスへの期待値がめちゃくちゃ低かった相手がどんどん積極的になったんですね…!きっと楽しいセックスだったんでしょうね。
Naoto
セックスはコミュニケーションだと相手に伝われば、貪欲になってくれることもありますね!
とはいえ「性欲がない」と言う人を、気持ちいいセックスを知らないだけだ、と断定しちゃダメ★もともと性欲がない(アセクシャル)人や、性嫌悪をもつ方もいます。
Naotoさんのように、まずは話し合ってみて、2人にできる範囲のコミュニケーションやスキンシップを探ってみてくださいね。
ぽかべ
Naotoさんご自身が、「セックスってコミュニケーションだな」と実感したきっかけはあったんですか?
Naoto
ぼく、初経験のセックスで失敗してるんです。セックス中にどう振る舞えばいいか分からなくて、いっぱいいっぱいでした。終始ぎこちなくて、相手の方が萎えてしまったんです。悔しかったですね…。

 

ぽかべ
それはつらい…!
Naoto
おかげで、セックスへの心理的ハードルが高くなりました。「恥ずかしい」「自分を出したら嫌われるのでは?」と感じていました。
ぽかべ
そこから、セックスについて勉強されたんですか?
Naoto
うーん、アダルトビデオをみて体位の流れを研究しましたね。あとは、ネットで調べて出てくる記事も読んでました。ぼくの場合は、男友達同士でもあまりセックスについては話さないので、ひとりで調べることが多かったです。
ぽかべ
勉強の結果、セックスに影響はありましたか?
Naoto
悪い影響かも。ぼくは最初「ガシマン」をしていたと思います。激しいのがいいと思い込んでいたので…。
ガシマンとは、ガシガシと女性の膣に指を出し入れして手マンすること。膣粘膜は皮膚に守られていない内臓なので、通常はガシガシされたら痛い。しかし、アダルトビデオなどの演出をみて、速く動かすのが気持ちのいいやり方だと思ってしまう人がいます。
ぽかべ
うぅ、ガシマンは想像するだけで痛い…!相手の女性の反応はいかがでしたか?
Naoto
案の定、「痛い」って言われました。でもその時に、ぼくの独りよがりではなくて、相手も気持ち良くなければいけないんだ!と、はっきり理解しました。そこからは、人それぞれどこが気持ちいいのかは違うんだなと気づいて、相手に確認しながらセックスを進めるようになりました。
ぽかべ
なるほど!そこでセックスはコミュニケーションが大切なんだと気づいたんですね。
セックスって、コンテンツで勉強するよりも、相手との実際のやり取りの中で学ぶことのほうが多いですよね〜。(しみじみ)

 

セックスでいつも顔を隠していた女性が、セックスを主体的に楽しめるように

ぽかべ
ほかにもエピソードがあれば教えてください!
Naoto
はい。また別の方なのですが、いつも受身で、いわゆる「マグロ」の女性もいました。
Naoto
その方は、初体験が雑で嫌な思いをしたことから、セックスにネガティブな印象を持っていました。相手の気持ちを尊重したい気持ちもあれど、ずっとマグロのままだと、ぼくも萎えてしまうのが事実…。
ぽかべ
そこからどうしたんですか?
Naoto
まずは「セックスはふたりで一緒に向き合っていくこと」
 って認識を共有しました。
ぽかべ
ほうほう…。
Naoto
付き合った相手と、セックスがうまくいかなかくてお別れするって、残念ながらよくあること。ぼくたちもそうなる可能性があった。なので相手に「セックスが別れる理由になっちゃったら嫌じゃない?」と正直に話しました。すると、相手も「それは嫌だなあ…」と納得してくれて。
ぽかべ
なるほど。ふたりにとって大切なことだよ、と分かってもらうんですね。共同プロジェクトだと認識すれば、逆に行為へのハードルが下がるかも…!
Naoto
そうですね。まずはセックスを2人の課題として捉えてもらいました。
ぽかべ
カウンセリングでも、セックスに乗り気でない方に「関係を円滑にするためのタスクと考えてみては」とか「相手が他に恋人を作るかもしれない」って話をして、改めてセックスに向き合ってもらうことがあります。特に結婚している方は、お別れしない限り、ちゃんと向き合うか臭いものにフタをするかになってしまいますからね…。
Naoto
そうですね。ただ、なんでセックスしないんだ!と責めるのではなく、相手の価値観はいまココにあるんだな、とまずは認めることが大切だと思っています。同様に、自分は相手とセックスしたいんだな、と罪悪感をもたずに自分の価値観も認めます。
ぽかべ
自分と相手の現在地点を、まずは受け止めて、認める。そこからスタートするんですね。
Naoto
はい。あと、その女性は「自分に自信がない」こともセックスを楽しめない要因になっていると思いました。こんな自分を出したらダメだ…とか、嫌われたらどうしよう…とか。
ぽかべ
そういう人、性別を問わず多いと思います。
Naoto
なので、まずはこちらからやってほしいことをリクエストして、やってくれたらその努力を認める、という繰り返しを大切にして、セックスに自信をつけてもらいました。
ぽかべ
うおお、だんだん社員教育みたいになってきた…!(笑)
Naoto
セックスも社員教育もコミュニケーションなので、根本は共通しています(笑)
Naoto
具体的には、1回目のセックスが終わったときに、こんど騎乗位してみようよ、とこちらから提案しました。「あんまり上手くないけど…」としぶっていましたが、2回目のときにチャレンジしてくれて。そのときしっかり、気持ちいいよ!って伝えました。相手も嬉しかったのか、それ以降は騎乗位をしてくれるようになりました。
ぽかべ
おお、だんだんと相手の心が開いてきたんですね…!
Naoto
相手の努力を否定すると、嫌な気持ちになってもう二度とチャレンジしてくれないかもしれません。たとえテクニック不足で気持ち良くなくても、ドライにならずに、「やってくれたこと」に対して、しっかり感謝の気持ちを伝えて寄り添うべきです。
ぽかべ
そうですね、相手が喜んでくれるならまたやってみよう!と思える。
Naoto
はい。あとは、マグロだったことに加えて、相手がセックス中にずっと顔を隠していたのも気になっていました。恥ずかしさから、腕でバッテンを作ってガードしていたんです。
ぽかべ
隠そうとする気持ちわかるな〜、ブスな顔で相手を萎えさせたらどうしよう!と思ってしまう(笑)
Naoto
そのとき相手に伝えたのは 「我慢してるとこも好きだけど、顔見せてくれてる方が、おれも興奮するよ」って言葉。
ぽかべ
お〜。その言葉、恥ずかしがり屋としては安心かも。相手の興奮材料になるならいいか…と思える。
Naoto
ちょっと強引ですが、言葉だけじゃなく態度でも示しました。顔を隠せないように手をベッドにおさえつけて、「顔見せたくない」って言われてもキスで口をふさいだり。
ぽかべ
それ、やられてえな…(ド単純)
Naoto
そんなことを繰り返していたら、4〜5回目のセックスでは、顔を隠すことなく、相手も主体的にセックスを楽しんでくれるようになりました。
ぽかべ
すごい!相手もセックスを楽しめるようになってよかった…!
Naoto
セックスについて話すようになると、2人の関係性にも深みが出てきます。なかなか話しにくいな〜って人は、お酒の場などリラックスしているときに「セックスってコミュニケーションで、お互いを知るうえで大切なことだよね」って話をしてみるとよいのではないかなと思います。

セックスのある関係に「慣れ」は大敵?鮮度を保つ工夫!

ぽかべ
セックスの頻度をすり合わせるのってけっこう大変じゃないですか?カウンセリングでもたくさんご相談をいただきます。
Naoto
そうですね。慣れは大敵だと思います(笑)ぼくは妻とは5年ぐらいの付き合いですが、お互いへの新鮮な気持ちを保たないとセックス回数が減っていくので、努力しています。
ぽかべ
男性のほうがセックスしたがる、って世間的なイメージがあるかもですが、私はぜんぜんそんなことないなと思う(笑)
Naoto
セックスって気をつかう行為なので、面倒になることも多くて(笑)アダルトコンテンツのほうが毎回違う人をみられて新鮮ですし、一人でするほうがラクに感じることもあるなと。
ぽかべ
単純に性欲処理するだけなら、マスターベーションのほうが効率的ですものね。長く交際すると、セックスにいつまでもドキドキを求めるのは難しいですよね。セックスの意味が変わって、安心感とか信頼感を確認する行為になっていくと思います。ただ…全くドキドキしなくなるのも寂しいので、できる工夫はしていきたい所存(笑)
Naoto
お互いの顔や体をみすぎると慣れるので、欲情しにくくなりますよね。実際ぼくも、「付き合いたての時はセックスしていたのに、最近は抱かれなくなった」なんて、女性から相談を受けることもあります。僕も気をつけないといけない部分ですが、お互いに「鮮度」を保つ努力が大切ですね。
ぽかべ
鮮度を保つために、どんな努力ができると思いますか?
Naoto
ぼくの場合、相手が「キレイに変わった!」と見えたときに鮮度が復活します(笑)下着を変えるだけでも見え方が変わりますし、ヘアカット・カラーをして帰ってきたときには抱きしめたくなりますね…。
ぽかべ
なるほど、視覚的な新鮮さですね。いいな〜。私も帰宅して抱きしめられたい(笑)
Naoto
また、シチュエーションを変えるのも、簡単ですが効果が大きいです。家だと気分が切り替わらないので、旅行先のホテルでするのもいいですね。
Naoto
あとは…「目隠し」をすると新鮮に感じます。別の女性としてるのを妄想して、気持ちが燃えることもあります。
ぽかべ
脳内は自由ですもんね。ただ、相手には言わない方が良さそう(笑)ところで、ラブグッズは使用されますか?
Naoto
いろいろ使います。ソフトSMに使えるようなアイテムから、ローターやバイブ、潤滑ゼリー等も使ったりしたことも。ぼくの場合は、目隠しプレイをすることが多いかも。
Naoto
アイマスクがあれば、簡単にソフトSMができていいですよね。
Naoto
でも、目隠しを買っとくね、と事前に伝えないと、ドン引きれるので注意です(笑)いきなりカバンからラブグッズが出てきたら怖いですよね。「新品を買っといたよ宣言」は、使い回しじゃなくて、あなた一人のために購入したモノですよ、という確認のためにも大事です。
ぽかべ
そうですね。
Naoto
あとは、Tシャツをめくって顔にかぶせて、腕を上にあげておさえることでも、目隠しの代用ができます。
ぽかべ
何それエロっ…!(笑)
Naoto
ラブグッズを使う魅力は、相手が使って気持ち良くなってる姿を見て、こちらも興奮してくる材料になること。マンネリ解消にはいいですね。

セックスがよくなると、セックス以外もよくなる

ぽかべ
セックスを通じてのコミュニケーションで、セックス以外の部分にいい影響はありましたか?
Naoto
消極的な性格の相手が、「ここに行きたい」「ここで食べたい」って自分の希望をしっかり言ってくれるようになったのが嬉しかったです。
ぽかべ
Naotoさんにだったら言っていいんだな、って思ってもらえたんでしょうね〜〜。
Naoto
ぼくがセックスで大事にしているのは、相手をまず肯定すること。また、積極的に反応して、好意的なフィードバックや感謝の気持ちを伝えること。これは会社の従業員さんに対しても同じですが、「相手がやってくれることが当たり前だと思わない」ことを忘れずにいたいですね。
ぽかべ
そんな上司が欲しい(笑)
Naoto
自分自身もセックスを通して学ぶことが多くて。「うまくやろう」じゃなくて、「どうされるのが気持ちいいの?」って素直に聞くようにしたら、ぼくが無知だから相手に嫌われるってことはないと気付けました。昔は、無知を認めるのがダサいと思ってた自分がいたんですが、考え方が変わりました。
Naoto
それ以前は、人に嫌われたくない気持ちが強かったですし、自己主張や競争心が強かったなと。でも、知らないことは恥ずかしいことじゃない、今の自分を受け入れてくれる人を大事にしよう!って思うきっかけになりましたね。
ぽかべ
それは大きな気付きですね…!私も、自称・テクニシャンよりも、テクニックがなくてもトコトン寄り添って聞いてくれる人の方が、数百倍満たされたセックスができると思うな(笑)
ぽかべ
では最後に、セックスパートナーの前戯がイマイチで心が折れかけている人にヒトコトお願いします! 
Naoto
どうしたら相手が精神的に気持ち良くセックスや前戯をしてくれるようになるか、自分で考えて動いてみましょう。一方で、人によって成長速度も違うので、思いやりの気持ちをもって、気長に成長を待ってみてください!
ぽかべ
ありがとうございました〜!

「みんな、どうシてる?」連載第三弾は、5月15日頃更新予定です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です