みんな、どうシてる?「パートナーのセックステクを超上達させた猛者」第一回 うんのよしこさん

こんにちは、ラブライフカウンセラーのぽかべです!

ふだんは「気軽に性の相談ができる」をモットーにセックスカウンセリングを行っているのですが、相談者さんによく聞かれる質問ナンバーワンは…

「ほかの皆さんはどうしてるのか、知りたい!」です。

インターネットで検索すれば、情報は集めることができるかもしれません。
でもいちばん知りたいところって、ホント〜〜の実例!なんじゃないでしょうか?

だったら…うまくいってる人にインタビューしちゃえばいいじゃん!
ってことで始まったのが、この「みんな、どうシてる?」の連載です。

第一回のインタビューテーマは、
「パートナーのセックステクニックを超上達させた人、話を聞かせて!」

いろいろな試行錯誤を経て、お互いに満足度の高いセックスができるようになった猛者たちに、たーっぷりリアルな話を聞きました!

・パートナーがあまり性に積極的じゃなくて…
・独りよがりなセックスをされる…
・相手が下手で嫌だけどなかなか言えなくて…
・相手がマグロで燃えない…
・どうコミュニケーションを取ればいいの!?

こんなお悩みを持っている方にぜひ読んで欲しいテーマです。
2週間に1回更新していきますので、どうぞお楽しみに!

記念すべき第1回目は、うんのよしこさんにインタビューしました!

旦那のセックスを育てたら、気遣い力がエスパーレベルに…!?

ぽかべ
うんのさんの育成エピソードを教えてください!
うんのよしこ
女性経験が少ない、ぎこちないセックスをしていたいまの旦那が、 「なにも言わなくても私の体調や気持ちいいポイントを分かってくれる」 ようになりました。
ぽかべ
えっ??言語を超越してるのは予想外でした(笑)それ、ホントに同一人物なんですか…?
うんのよしこ
同一人物です(笑)
当時の旦那は女性経験が少ないのがコンプレックスで。セックスに自信がない裏返しで、ぎこちない態度でした。
私は恋愛やセックス経験が豊富なので、虚勢を張ってるのはお見通しでした。 「無理すんなよ」と思ってましたね。
ぽかべ
「無理すんなよ」って思われてるのはキツいですね…(笑)
うんのよしこ
でも今は、なんと、 言葉にしなくても性感帯を察してくれるまでに成長しました。
例えば女性の腟内って、気持ちいい場所が日によって変わりますよね。でも「ここが気持ちいいよね?」って、つどつど察してくれるようになりました。
ぽかべ
すごい、もはや腟専用のダウジングフィンガー!セックス以外にも好影響はありましたか?
うんのよしこ
セックスのときだけじゃなく、日常生活でも気遣い力が格段にアップしました。
肩が痛いな〜ってなんとなく思っていると、「肩が痛いの?」って聞いてくれます。
あと、生理が来たことを言ってないのに「今日、生理だよね?」って、白湯を差し出してくれることも。
ぽかべ
旦那さん、まるでエスパーですね。なぜそこまで分かるんでしょうか…?!
うんのよしこ
ある程度セックスのテクニックが高まってくると、観察力が高まり、自然と相手の調子の良し悪しが分かってくるみたいです!
ぽかべ
なるほど。セックスを通して、観察力が超レベルアップしたんですね…!
うんのよしこ
これは持論なんですが、 「男性のセックスは女性の作品」 だなと。セックスが下手な男性って、いままでセックスについて教えてくれる素敵な女性に出会ってなかったんだろうな〜と思っています。
もしもパートナーのセックスが下手だったら、自分自身が性について学んだり、素敵な女性になり、いろいろ伝えてあげたらいいんじゃないでしょうか!
ぽかべ
まずは自分自身を磨いていこうってことですね…!

【ここが聞きたい!】いったいどうやって育成したの!?

ぽかべ
いよいよ核心に迫りたいと思います。どうやって相手のセックスを育てているんですか!?
うんのよしこ
最初にすべきは信頼関係を築き、セックスに安心感を持ってもらうことから始めます。
セックスが下手な人に共通するのが、セックスに自信がないゆえの不安と、無用な競争心です。
ぽかべ
競争心って具体的にはどういったものですか?
うんのよしこ
例えば男性だったら、「女性には負けたくない」という対抗心、男同士の競争社会で負けたくない意地、昔の彼女の反応と今のパートナーの反応を比べている…などが挙げられますね。
ぽかべ
ああ〜〜、あるあるですね…。
うんのよしこ
はい。でも相手のネガティブな気持ちを否定せずに、 「私も緊張してるんだよ」「そういうことあるよね」って共感することが大事。
共感によって、相手の不安を解きほぐすんです。
ぽかべ
なるほど、私は敵じゃないんだよ〜と分かってもらえたらいいですね!でも、共感したら逆効果になる人もいそうです…。
うんのよしこ
そうですね。強がっている感じの人だと、直接言ったら悪化するかもしれません(笑)
そんな人には、「女性側からめちゃくちゃ攻めてみる作戦」が効く可能性があります。
ぽかべ
女性側が思い切ってセックスの主導権を握っちゃうってことですか?!
うんのよしこ
そうです。男性が受身でちょっとMっぽい感じのセックスをしてみるんです。
いちど主導権を手放して楽しんでもらえば、肩の力が抜けるので。
「おれが女性に奉仕させてるんだ」って雰囲気になると、女性が主導権を握れません。
そこでおすすめなのは、手足を安全に縛って「男性がアレコレされちゃう」ムードにもっていくこと!
受身になってもらうことで、女性側の気持ちも擬似体験してもらえます。
また、テクニック向上という点では「一度やりかたを見せてあげる」のも良いと思います!
とある日、旦那がセックスでめちゃエロい触り方をしてきたので「そんな触り方、どこで覚えたの!?」とびっくりして聞いたら、 「前にあなたがおれにやってたよ」 って言われたことがあります(笑)
ぽかべ
なるほど。「気づいてもらう」のが大切なんですね。あーしてこーして、とダイレクトに要求を伝えるわけではないんですね。
うんのよしこ
そうですね。あーしてこーしてって言われちゃうと、どうしてもプレッシャーがかかりますよね。
自信がなくていっぱいいっぱいなのに「これ以上どうしろって言うんだよぉ!!」ってなっちゃう(笑)
私自身、性教育を熱心に学んでいた時期に、相手に正しさを押し付けていた時期がありました。
でも正しさを強調すると、それ以外が「間違い」になってしまい、競争心が出てきてしまいます。
だから、最初に使うのは正しさではなく、母性です。
ぽかべ
母性!
うんのよしこ
はい。パートナーに母性を求めている男性はなんだかんだ少なくないのではと思います。
とくに、自分に自信がなかったり、過去に女性に傷つけられた男性の場合にはなおさら!
「男性は女性より強くあるべき」といった、男性を生きづらくする男らしさと無縁の関係を築かないと、男性自身もプレッシャーですし、セックスもうまく行きません。
男性の中に競争心が残ってると、「女性にこう言われた!こんなにやってるのに!」と、聞く耳をもってくれないんです。
ですから、 まず女性側から理解を示して、男性の心の鎧を脱がせて、少年に戻してあげるんです。
傷ついている気持ちには触れず、気づかないふりをしてそっとしておきます。
ありていに言えば、寄り添うって感じです。
私の占いの先生がくれた「ガーターベルトを履いたマリア様になれ」という言葉が心に残ってますね。母性とメス性どちらもある女性、という意味です!
ぽかべ
おお、想像するだけでセクシーですねぇ…ポスターがあったら部屋に貼りたい(笑)
うんのよしこ
あとは、「しょうもないエロいシチュエーション」を叶えてあげると心を開いてくれる人もいます。
温泉宿でしっぽり…なんて古典的なものから、クリスマスにおうちでデート、あるいは、コスプレ、パンチラなどのラッキースケベ…。
男性によって好きなものは違いますが、シチュエーションに興奮して一気にテクニシャンになる人もいますね。
そこまで特別なことをしなくても、BGMをかけて雰囲気を変えるだけでけっこう変わったりするものです!
ぽかべ
確かに。でも、そういうしょーもない欲望こそ、打ち明けてもらうのがなかなか難しくないですか?
うんのよしこ
相手の声を引き出すために、女性があえておバカなふりをするといいかもしれませんね。
ぽかべ
バカになる!?(笑)
うんのよしこ
女性があまりに真面目だと男性は要望が言えなくなるんですよ。 旦那も、私が仕事モードになると言えなくなっちゃうみたいですし。
ぽかべ
あー、隙がない感じがするのかもしれませんね。
うんのよしこ
女性自身ができることとしては、自分が気持ちいいと思えることをしたり、おいしいものを食べたりして、ご機嫌な気持ちで過ごすこと。
それパートナーのリラックス感にも繋がるんじゃないかと思います。
ぽかべ
女性がご機嫌になることでうまくサイクルが回り出すことってありますよね。
うんのよしこ
はい。もう、オトコを使って私が気持ち良くなるんだ!っていうワガママさがあったほうがいいんじゃないかなと。
そもそも、まず女性が自分の体の気持ちいいところを知っておかないと、パートナーと一緒に気持ちよくなることができないと思います。
男の体を使って気持ち良くなってやる、ってくらいじゃないとね。
私はそういうワガママタイプですが、それが「可愛くないな」って思う男性もいます。とくに年配の男性にはおおむね不評です(笑)
でも、気持ち良くなってる姿を見せることで「おれが気持ち良くさせたんだぜ!」って喜んでくれる人もいるので、まぁいっか、って感じです。 

まだまだ出てくる!セックスを楽しくする工夫

ぽかべ
相手のセックスを育てるために、ほかに工夫したことはありますか?
うんのよしこ
「楽しく性の話をする」きっかけを作るようにしていました。
女性向けアダルトグッズのカタログを一緒に読んでみたりとか。旦那は「まるで魔法少女のグッズみたいだね!」なんて驚いていました。
漫画だったら、小山健さんの『生理ちゃん』とかを一緒に読んだりもしました。
あと、女性向けAVを見てもらうこともあります。男優さんが女性の願望を叶える内容の『オーダーSEX〜貴女の性欲、開放します〜』というシリーズをいっしょに観ました。
コンテンツを一緒に観ることで、女性が見てる世界ってこんな感じなんだ!って知るきっかけになるんじゃないかな。
ぽかべ
男性向けコンテンツを観ることはありますか?
うんのよしこ
あります。例えば、パートナーの好きなAVを見せてもらって、パートナーの価値観や視点や性癖を理解することも心がけていますね。
ぽかべ
お互いの価値観を交換できそうでいいですね!
うんのよしこ
はい。あと、セックスはアタマでなく五感で感じるものなので、それを伝えるようにしていますね。
「わたしの心臓の音を聞いてみて」「おっぱいって柔らかいよね」「ここ、硬いよね」「痛がってるよね」…なんて声をかけています。
ぽかべ
ラブグッズは使いますか?
うんのよしこ
使います!ルブリカント(潤滑ゼリー)はよく使いますね。コンドームも、ZONEやサガミオリジナルなど素材の違うものをいろいろ試しました。
ここでも、コンドームってサイズが違うんだよねって、性教育系のサイトにさりげなく誘導したり…。
ぽかべ
やり手すぎます(笑)うんのさんご自身は、何をみてセックスの勉強をしたんですか?
うんのよしこ
私は、とにかく他人に聞きまくります! 仲のいい夫婦やセックスがうまくいってる夫婦がいたら質問をします。
例えば、肌がキレイな人に「化粧品は何を使ってるんですか!?」とかって質問する女性多いですよね?それと同じです(笑)
AVを見せ合うのも、先輩占い師さんに尋ねて「私たちの世代では、AV見せ合うのなんて普通だったよ!あんたたちもやってみればいいじゃない!」って励まされたことがきっかけでした。
あまり深刻に考えず「これを一緒にやったらどうなるかな?」って 実験してみるスタンス でいいんじゃないでしょうか。
ハードルの低いところでいうと、一緒にコンドームを買ってみるのでもいいと思います。
ぽかべ
いいですね。一緒に実践してくれるパートナーを見つけられたら最高ですね〜!
うんのよしこ
ちなみに出会う場所によって男性のタイプって違っていて、結婚相手を探すために婚活マッチングアプリでパートナーを探すようにしたら、旦那のように、優しい感じの人で、どちらかというとセックス慣れしていない男性が多いなと気付きました。
ぽかべ
出会い方によって、男性の性格的な傾向も、セックスの質も変わってくる感じなんですね…。
うんのよしこ
そうですね。ポケモンも生息地が違うじゃないですか。水ポケモンがほしいのに、火山とか行ってちゃダメですよね(笑)
ぽかべ
ゲットしたいポケモンのタイプによって冒険するエリアを選んでいきたい所存ですね(笑)
ぽかべ
それでは最後に、セックスパートナーの前戯がイマイチで心が折れかけている人にヒトコトお願いします!
うんのよしこ
「セックスはDIYなので、2人で気持ちいい状態を作っていこう!」
この言葉を贈りたいと思います。
ぽかべ
うんのさん、ありがとうございました!

パートナーのセックスを育てる…この連載テーマを設定したとき、「相手にテクニックをゴリゴリ教え込む」ようなイメージが先行していました。
でも、 本当に育て上手な人って、相手に自信を持ってもらうのが上手いんだな〜 と気づかされました。
セックスはコミュニケーションだ、と最近よく言われるようになりました。だからこそ、ふだんのコミュニケーションと地続きな行為である、ということを忘れないでいたいものです!
パートナーのセックスを育てたい女性はぜひ「ガーターベルトを履いたマリア様」をリスペクトしてみてはいかがでしょうか(笑)

「みんな、どうシてる?」連載第二弾も乞うご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です